ウェルネスダイニングの宅配弁当で症状を抑える|美味しく健康に!

ウェルネスダイニングで有名な病食の宅配弁当とは

糖尿病患者に合った食事

病食とは

基本的に食事療法に用いる食事のことを言います。食事によって病気の症状を改善したり、病気の悪化を防ぐのです。病気になる要因を減らすことで、病気のリスクを軽減させることができるでしょう。健康を保つために必要な要素が栄養と休養、そして運動です。とくに食事の栄養バランスには気を使う必要があります。

生活習慣病

一般的に食事療法をする場合、生活習慣病の予防や改善が目的になります。生活習慣病とは、文字通り生活習慣の偏りによって発症するリスクが高まる病気です。特に糖尿病は食事の栄養バランスが偏ってしまうと、発症しやすくなってしまいます。ウェルネスダイニングでは、これら生活習慣病の予防や改善に役立つメニューを提供しています。

知識が必要

食事療法で最も大切なのが、食事と病気に対する知識でしょう。知識がなければ正しい食事療法が行えないからです。特に、食事から摂取する栄養素についての知識が必要になってきます。何を何と一緒に食べると、どのような栄養素が摂取できるのか理解しておきましょう。このような知識がつくと、楽しみながら食事療法に取り組むことができます。

食事療法を初めたい方に

宅配

利用方法

まずは、宅配弁当の利用方法を調べてみましょう。利用方法が分からないと利用ができないからです。料理が苦手な方でも、宅配弁当なら気軽に食事療法を始めることができます。

READ MORE
食事

メリット

ウェルネスダイニングの宅配弁当はとても人気があります。なぜ人気なのか気になる方はこのページをチェックしておきましょう。きっと、食事療法を初めたいと思うはずです。

READ MORE

食事療法について

大切なポイント

ウェルネスダイニングの宅配弁当の特徴として挙げられるのが、エネルギー量と栄養バランスです。適切なエネルギー量を確保しておかなければ、正しい食事療法が行えないのです。単純に塩分や糖分などを少なくすることが良いとは限りません。しっかりと食事全体のバランスを整えることが重要なのです。バランスにこだわりましょう。

エネルギー量

性別や年齢、身長や体重、そして活動量などで1日に摂取するべきエネルギー量が決まってきます。糖尿病の食事療法でも、このエネルギー量が重要視されているのです。基本的に医師と相談して1日に摂取するべきエネルギー量を決めます。日々の生活習慣の変化によって、1日に摂取するべきエネルギー量が変わってくるでしょう。

1日3食

食事療法は1日3食しっかりと食事を取ることが大切になってきます。例えば、1食だけ栄養バランスの取れた食事をとり、後の2食は栄養バランスが偏っていると意味がありません。3食トータルでの栄養バランスがとても大切になるのです。特に、糖尿病の場合は、血糖値の変動が大きくなってくるので1日3食の食事を心掛けるようにしましょう。

主食と主菜と副菜

栄養バランスの良い食事とは、主食と主菜、副菜のバランスが取れている食事です。主食はエネルギーになる食品を言います。主に米やパンなどの炭水化物です。この主菜はたんぱく質がメインになります。これは、肉や魚、卵などが挙げられるでしょう。副菜はミネラルやビタミン類を含む食品です。きのこや野菜、海藻などを取ることも大切になります。

塩分について

食事療法では、減塩が大切になります。塩分の摂取量に気をつけるようにしましょう。一般的に1日7グラム以下がベストと言われています。減塩には、薄味になれる必要があります。また、塩分が少なくても香辛料などを効果的に利用すると薄味も気にならなくなるのです。レモンやしそ、生姜などでアクセントをつけると美味しく頂けます。